スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

cocco

7月7日の「LIVE EARTH」のcoccoのコメント(←リンクしています)です。
書き起こしてみました。

子らにゆっくり読んでほしいと思います。
今でなくとも。



沖縄の女なので少し沖縄の話をします。
沖縄の海はまだ美しく見えます。
ジュゴンなんか見たことない人がつけた、ジュゴンの見える丘っていう丘から、
望む海はまだとても美しく見えます。
その海にアメリカ軍のヘリポート移設が決まって、
国はもう着工のために海底調査機を入れて、
もう乗り出してます。
どんなに、どんなに声を上げても、拒絶しても、
あきらめなきゃいけないことがあるんだって、
どっかで覚悟しなきゃって思い始めていて、
それで、かといって、沖縄の人が全員そのヘリポートの移設を反対してるかっていったら、
そうじゃない事実もあって、
アメとムチの、ヘリポートがムチだったら、
アメっていう施しを受けている大人の政治があることも事実で、
そうじゃなくても、私たち人間がぶち壊してきた尊いものがいっぱいそこにあって、
それを無くして失ってから、悔いて泣くしかないのかなって思う毎日でした。

でも、先月、その海にジュゴンが帰ってきました。
ちょうどそのヘリポート移設の、海の、ちょうど国が設置した海底調査機の真上の、
バカみたいにきれいな海の上に、ジュゴンが2頭泳いでいる姿が、映像に納められて、
そのニュースは沖縄中にかけめぐりました。

いままで、自分は政治家じゃないし、歌唄いだから、わからないけど歌うしかないって、
たぶんやってきたけど、
でも6月23日の慰霊の日に、(・・・・の)ジュゴンの祈りみたいな、
あのとき、こたちはなにも守れなかったし、なにもしてあげれなかったし、
ぶちこわしてきただけなのに、
それでも戻ってきてくれたジュゴンに、こは一生かけて向き合っていかないといけないと、
思いました。たぶん、そのジュゴンのニュースが、内地でどれだけ流れたかは知らないけど、
とっても美しいジュゴンでした。
こんな(・)を公共の場所でしかも、人様のイベントで、こんなたくさんの人がいるところで、
でも今日は、わがままに歌わせてほしいと思います。

次の曲をあのジュゴンのためだけに歌いたいです。



多くの人が書き起こしていらっしゃいます。
http://murakamit.blog71.fc2.com/blog-entry-65.html
http://decox.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/live_earthcocco_3652.html
http://ameblo.jp/cm118358431/archive2-200707.html

コメントの投稿

非公開コメント

   

ブログ内検索
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。